理学療法士の給与・待遇

理学療法士の給与について

理学療法士の給料はそれほど良いとは言えません

理学療法士をはじめとするリハビリ職は医療職ということもあり、高い待遇を期待しがちですが、現実はそれほど待遇が良いとは言えません。

場所によっては、年齢の平均収入よりも大きく下回ってしまうこともあります。

その為に、給料目当てで転職をしてしまうと長期的に働くことは難しいかもしれません。

理学療法士のボリュームゾーンは給与が20万~30万くらいとなります。

年収は350万円~500万円くらいが一般的です。

また、パートの時給は1,800円~2,500円ぐらいです。

病院や訪問リハビリ等の勤務になると、これ以上になることも当然あります。

しかし、介護でも福祉施設などになると、平均以下になってしまうこともあります。

理学療法士と作業療法士の給与水準は、ほぼ同水準です。

従って、転職する際は自分の希望をする給与条件を含めて、理学療法士の転職をサポートをする、キャリアエージェントを活用して転職先を探す事が大きなポイントとなります。

基本給料が、その後の年収に大きく変動する

理学療法士は一般的な職業と比較して、昇給の上がり幅が小さい傾向があるので、就業場所によっては昇給をあまり期待できないこともあります。

そのため、理学療法士の基本給の額は大切です。

この基本給が高ければ、ボーナスの変動も大きくなり、また昇給した時にも金額は大きなものになっていきます。

給料ばかりに目がいってしまうのも良くないですが、自身の生活を守れるだけの給料を確保できるかどうかは、特にご家族のいるご家庭では気に掛ける必要があると思います。

しかし、役職が上がったり、手当のあるところに就業したりすると、一気に給料が上がる場合もあり、十分にお金をもらえる可能性はあります。

理学療法士、作業療法士の平均年収統計

平均年齢 31.2歳
勤続年数 5年
労働時間 164時間/月
超過労働 5時間/月
給与月額 276,800円
年間賞与 620,500円
平均年収 3,942,100円
勤続年数 5年

出典:厚生労働省「平成24年度 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。

理学療法士の年収(規模別)

理学療法士・作業療法士の年収は、
勤務先の大小の規模では変化がありません。・10~99人は408万円・100~999人は382万円・1,000人以上は425万円

※本統計は調査の母数によって必ずしも実態とかけ離れている可能性がございます。

理学療法士の年収

理学療法士の年収(年齢別)

理学療法士の年収

年齢別の年収は、上昇幅は大きくはありませんが、年齢とともに年収が上がっております。全体として男性のほうが若干年収が高く、全年代の平均では男性の平均年収414万円に対して、女性は378万円となっています。

※本統計は調査の母数によって必ずしも実態とかけ離れている可能性がございます。

理学療法士の勤務時間・休日について

基本的に日中勤務が多いです

理学療法士として働いていくうちで一番多いのは日勤です。

出勤は朝の8時から9時当たりに出勤をして、夕方の6時か7時くらいには仕事を終えることが多いです。

時には、早番や遅番という働き方がある職場もありますが、通常は日勤業務が多いです。

リハビリテーションが業務となりますので、基本的には夜勤はありません。

事務処理等などで、残業をしなければならないときもありますが、比較的に残業の少ない職業と言えます。

休日は職場によって大きく変わりますが、施設勤務については、通常通り土日が休みの人もいれば、病院勤務については、平日が休みになることもあります。

また、シフト制の職場によっては、週や月によって平日が休みになるか、休日が休みになるかが変ってくることもあります。(完全週休2日制の場合)

理学療法士は残業が基本的には少ない職場環境

リハビリに関わる職業である理学療法士、言語聴覚士、作業療法士は一般の職業に比べてまたは他の医療職に比べて残業などは少ないです。

しかし、これはあくまでも一般的に見てということであり、忙しい大きな病院や人員が少ないクリニック・施設になると当然負担も大きくなってきます。

残業が気になる方は就職をする前に確かめておくと良いでしょう。

こう言う聞きずらい事も理学療法士の転職の際は、キャリアエージェントに任せ代理で確認する事が可能です。

ブランクOKの非公開求人も多数!