理学療法士の就職先

理学療法士の就職先

新たな就職先は広がっている

理学療法士の就職・転職は難易度が高くなってきておりますが、その一方で理学療法士が働く領域が広がっているのも確かです。

この広がりにより、理学療法士として活躍の場がなくなってしまうことはないでしょう。就職・転職する場として、キャリアプランの選択肢の一つとして、病院以外の場所も検討していくことが必要になります。

色々な選択肢がご提案出来る『理学療法士WORK』のキャリアエージェントに、是非ご相談下さい。

色々な経験が出来る職場環境かどうか

理学療法士として、自分の働きたい場所で働くのが一番ですが、就職・転職を考えた時に、理学療法士だけの資格に頼るのではなく、少し違った武器が吸収できるかどうかと言う視点を持つと、よりキャリアアップになる可能性が高いです。

例えば、作業療法士と一緒に仕事することにより、作業療法を学ぶ事ができる、言語聴覚士についても同様に深い理解を示すことが出来るなどです。

また、福祉施設に転職すると、介護職の技術を吸収する事が出来、運営やマネジメントなどについて学ぶ事より独立する道が開かれるようになります。

理学療法士とは違った資格で現場に入れるようになると、必然的に理学療法士プラス他の資格と言った、かえの利かない人材になります。

これは一生ついてくるインセンティブになるでしょう。

このようなことを意識して職場を選んでいく必要性が今後益々高くなります。

理学療法士としてのリハビリを中心とした業務に加え、他の職種の能力を取り入れていくことで、理学療法士としての仕事の幅が広がります。

理学療法士様のご希望に沿ったキャリアプランをご提案出来る『理学療法士WORK』のキャリアエージェントにご相談下さい。

※独立をしたいと言うお話しでも構いません!弊社の提携先企業のご紹介もさせて頂いております。

ブランクOKの非公開求人も多数!