理学療法士の職場

理学療法士の活躍の場

一般的に病院で働く理学療法士が大多数

理学療法士としての職場は病院やクリニックが大多数です。

その理由として、一般的に病院やクリニックが理学療法士として能力を生かしやすく、病院はリハビリ室が充実している環境も多く、理学療法士として学ぶ事も出来る場合が多いです。

但し、病院で働いたとしても、診療科目などによってリハビリステーションに関する施術も変ってくるので、全ての病院で同じような働き方ができるとは限りません。

自分にとって興味深く、キャリアアップ出来る環境を選んでいくことが大切です。

福祉領域に注目

理学療法士も他の医療職の人と同じように福祉領域で注目されるようになりました。

理由は、釈迦に説法かもしれませんが、厚生労働省が推奨している地域包括ケアシステムの推進によるものです。

2025年までに一般の入院病棟の数を減らし、早期退院を促した上で在宅医療に転換していく事です。

そうなると、理学療法士も病院から入院患者を受け入れる福祉施設や、在宅にいる方をリハビリステーションをする訪問リハビリに目を向けていかなければなりません。

このように、理学療法士は、従来のリハビリ室で働くことは少なくなり、外に出ていくこと仕事は増加する傾向になります。

一般病院での勉強を積む機会は少なくなってしまう可能性がありますが、その分、多くの人と関係を持つことができ、生活に密着したリハビリとは何かということを考えていくことができます。

現状でも、福祉施設に興味をもつ理学療法士もだんだんと増加傾向です。

また、福祉施設や訪問リハビリも理学療法士の重要な職場になっていくでしょう。

※訪問リハビリをしているところの給与が訪問手当が充足しており、理学療法士業界の平均給与を大きく上回る給与の会社も出てきております。

色々な情報を持っている『理学療法士WORK』のキャリアエージェントに、一度ご相談下さい。

ブランクOKの非公開求人も多数!