理学療法士の独立・開業

理学療法士の独立・開業

基本的に理学療法士が開業することはできません

理学療法士が開業をすることは基本的にはできません。

それは理学療法士として開業権が認められてないからです。

これは作業療法士や言語聴覚士も一緒ですが、医師の指示の下に施術をすることが義務付けられているからです。

理学療法士として純粋に働いていきたいと考えている時は、今ある職場の中でキャリアアップを考えていった方が得策です。

自分の希望に近づく転職マッチングサービスの『理学療法士WORK』のキャリアエージェントにご相談下さい。

事業主として運営する可能性はあります

理学療法士は「開業」はできませんが、事業として「起業」をすることはできます。

その方法として、訪問看護ステーションを利用するというものです。

訪問看護ステーションは看護師が管理者として施設基準を満たす事が出来れば、民間参入が可能ですので、理学療法士が事業を行うことは可能です。

また、健康保険の適用外となりますが、マッサージ院や治療院などを運営していくことはできます。

ただ、起業というのは理学療法士の経験だけではなく、経営者として経営をしていく必要があります。

従って、理学療法士の資格だけで、すぐにうまくいくとは限りません。

マネジメントの問題やオペレーションの問題など、理学療法士とは全く関係ないところ学んでいく必要があります。

決して、上手くいくと約束された訳ではありませんので、それをサポートをしてくれる人も重要になってきます。

訪問看護ステーションに興味を持っている理学療法士の方も『理学療法士WORK』のキャリアエージェントにご相談下さい。

※弊社の提携している訪問看護ステーションをサポートをしている会社をご紹介をします。

ブランクOKの非公開求人も多数!