理学療法士の面接

面接は重要なハードル

就職・転職活動中は避けることのできないのが面接です。

面接は仕事に対してどのような考えを持っているのかを直接聞かれます。

しかしだからと言って、正しい解答があるわけではありません。

自分の素直な気持ちを話していく事が一番重要です。

理学療法士として何をしていきたいのか、また患者(介護業界では利用者)に対して、どんな気持ちで向き合っていくのか、ということです。

理学療法士としてその職場で働きたい意思をしっかりと伝えること先決でしょう。

多くの理学療法士を募集している場合、志望動機などは被ってしまいがちです。

ですが、そこは自分の過去の経験や、今までの就業経験の中で感じたこと、また、自分の能力(特徴)をアピールし、どのような場面でそれを生かしていくことができるかどうかなどを説明することが出来れば、ポイントが上がることもあります。

自分の意見を大きく変える必要はなく、ちょっとしたアクセントをつけるだけで相手の印象は大きく変ってきます。

また、就職・転職先に対して「強い熱意」がポイントになることも少なくありません。

例えば、その就職・転職先で何を学びたいのか、どのような経験が出来ると思っているのか、etcを具体的な言葉として表現出来ると良いでしょう。

しかし、どうしても言葉が出てこないときは、あまり難しいことを考えず思ったとおりのことを言ってしまっても問題ありません。

小手先のテクニックに走るのではなく、働きたい熱意を表現し、素直な自分を見せた方が良い結果になることも多いです。

転職したい病院や施設の特徴を明確にコンサルティングが出来る『理学療法士WORK』のキャリアエージェントにお任せ下さい。

あなた様の満足できる転職活動をサポートをします。

是非、ご相談下さい。

ブランクOKの非公開求人も多数!